ゼルダの伝説とは

虚ろなオカリナ

ゼルダの伝説とは

初代ゼルダの伝説 1987年に誕生したゼルダの伝説はアクションRPGというジャンルを確立したゲームと言って問題ないような作品です。
このゲームの特徴はなんと言ってもプレイヤーがレベルアップすると言う点にあるように思います。他のゲームがキャラクターのステータスを上げて強い敵に勝つのに対して、このゲームは自分のプレイの腕を上げて強い敵を倒していくのが基本です。かと言ってアクションがヘタな人を見捨てているわけではなく、体力の増加や攻撃力の上昇などプレイヤーを補助する要素もしっかり盛り込まれている点が魅力だと思います。
謎解きもこのゲームでは重要な要素の一つです。ゼルダといえばコレと思う人も少なくないでしょう。この要素はもともと色んな人と相談しながらプレイしてほしいという作者の想いから入った要素で、ゲームで詰まったら友達やいまではネットもありますし、色々な人に聞いてみるといいでしょう。


2Dと3D

時のオカリナ ゼルダの伝説は初代から神々のトライフォースまでは2D作品がメインでしたが、時のオカリナを境に3Dメインへと移って行きました。
3Dではアクションなどの幅が広がるため必然的にさらに高い自由度になっていますが、平面的な迷路要素は逆に減っているといった印象ですが、ゼルダの伝説として見たときどちらにもゼルダの伝説としての良さがあるのは確かで、今でも携帯ゲーム機では2D作品が出続けています。
このように1つのカタチに固執しないのがまたゼルダのよさでもあります。今一番面白いものを提供しようとするため作品の形態もシリーズごとに少しづつ違いそれぞれがシリーズ物でありながら常に新鮮な楽しみを提供しています。


ゼルダの伝説とアイテム

ゼルダの伝説といえばマリオと並ぶ任天堂の2大看板で、両方共にアクションゲームという類似点がありますが、マリオがジャンプという1つの動きを極限まで昇華させたゲームならゼルダの伝説は多くの動作をいかにうまく組み合わせるかに焦点を当てたゲームです。
ブーメランやバクダンをはじめさまざまなアイテムが出てくるゼルダの伝説ですが、その一つ一つが個性を持っていて、それを見極めて使い分けるのも一つの楽しみです。