バグ技紹介

攻略&裏技虚ろなオカリナ

バグ技紹介について

裏技とバグ技、その違いの基準は適当だけど、個人的にバグに分類されると思うのを紹介します。
紹介しておきながら、このページに載ってる技は好きじゃありません。
ただ、日本のサイトでこういうのを紹介しているサイトが無いので。

GroundJump
プレイしていて「この僅かな段差、リンクジャンプしてよ。」そんな願いを叶えてしまうのがこの技。
使用方法
「爆弾を置き、Z+Rを押した状態で”つかむ”をしたあと、バック宙をする。」
盾を構えた状態では”つかむ”は発動しませんが、コマンドが出た時にAを押していれば出来ます。
意外なところにつかまれるかも。

Mega Flip
残像剣が出ている状態で回転アタックの終わり際に盾で攻撃を受けつつバック宙を出す事で起きる技。
かなりの距離を移動できるので利用価値はかなり大きい。
Mega Flip - The Movie《YouTube》

残像剣
海外ではInfinitySword(無限刃?)と呼ばれている技。
残像剣は禅趣(元シャンク)さんの命名です。
時オカでは剣を振った直後に看板などを読むと、ムジュラでは爆弾が爆発する瞬簡に盾突きをすると、発動します。
(ゼルコレのムジュラでは不可)
発動すると、カメラがおかしくなり、剣が振っていない状態でも常に攻撃力を持つようになります。
コレだけでは利用価値がありませんが、これが強力なバグ技の最初の鍵となります。
その技については下へ。

空中浮遊
読んで字の如く。空中に浮き上がることが出来ます。これまた禅趣(元シャンク)さんの命名
海外ではBombchuHoverと呼ばれている模様です。
コレを使えばあんな所やこんな所へ自由自在…と、まではいかずとも凄まじい性能です。
まず、最初に残像剣を発動させておきます。
その状態で、なんらかのダメージの元となるものを盾で防ぐと、その防いだ地点に浮遊できます。
例えば、爆弾を爆発させ、その爆風をバック宙の途中で防ぐ事で、バック宙で少し上に浮いた場所に浮遊できます。
それを繰り返せば空中を移動できるという仕掛けです。
基本的には爆弾やボムチュウでダメージの元を作り出しますが、究極、敵の攻撃に合わせて発動も可能ではあります。
ちなみに、時オカでは非常に難しいです。
この技術を使えば、子供時代に森の神殿、フックショット封印などとんでもないことが出来てしまいます。
アイテム最小限クリアなどは、これを考慮するかしないかで全く別物になります。

ここから、さらに込み入った話。
私は全く詳しくないこの技術ですが、以前は詳しいサイトがありました。
以下はその一つ、FOURSIDEさんに載っていた情報です。
実際に試してはいないものの、信憑性は確かです。


ここではムジュラの仮面の場合で説明します。

ボムチュウで浮く場合はバック宙か横っ飛びをした後、Zを押しっ放しにしたまま空中でボムチュウをセットしたCボタンとRボタンを同時か気持ちRを遅めに押します。
Rを先に押してしまうとボムチュウを出してくれず失敗となります。
ボムチュウ利用の空中浮遊は壁際では壁をボムチュウが這ってしまい、うまくいきません。
壁際はバクダンでなければほぼ無理ですが、天井はボムチュウでも移動出来ます。

なお、空中浮遊の最中はリンクの向きを調整出来ず、したがってリンクの前後をにx軸をとりリンクから見て前を正とし、鉛直方向にy軸、リンクの左から右にz軸をとると、リンクの浮遊により到達出来る範囲はx<0、かつx、y(ただしy>0)の組み合わせもxが0に近づくにつれて限られます。

z方向に関しては横っ飛びの性質上離散的といってもいい値しか取りませんが、うまく操作すれば何とかなります。

それにz方向にそれだけシビアに移動するケースは少ないため、特に支障はありません。

そして空中浮遊のさらなる注意点ですが、地面付近で浮遊しているとすぐに地面に引き戻されます。

平地から浮遊を開始した場合などがこれにあたり、その場合ダメージソースを防いだらすぐに次のバック宙を出さなければなりません。

その為、シャンクさんが開発した平地からバクダンのみでの浮遊という技もありますが、平地からの浮遊はボムチュウを用いた方がこの理由から簡単かと思われます。(平地からの浮遊はシャンクさんの自身のサイト、Freethinker's viewにて紹介されています。)

シャンクさんより空中浮遊に関連した情報を頂きました。

平地からの浮遊で2回目のバック宙の後にボムチュウを使うとやりやすいのはムジュラの特性で、時オカではバクダンでないと不可能とのことです。

さらに時オカの浮遊はムジュラと比べて圧倒的に難しいことが知られていますが、大人時代でボムチュウを使った浮遊をする時限定でホバーブーツを履いておくと、ムジュラとほぼ同様の操作感で容易に浮遊をすることができます。